それでもやっぱり田舎が好き。

都会で生活してるけど、やっぱり山がみたい川が見たい。喧噪を忘れ、「落ち着き」を求めて。時には旅を。時には本を。

🌏#33 栃木県鬼怒川温泉・川治温泉 〜ファンタジックな渓谷 龍王峡と心落ち着く温泉郷~

今回の旅先は
群馬県鬼怒川温泉川治温泉


鬼怒川温泉川治温泉は栃木県の日光市にある温泉郷


今回の鬼怒川温泉川治温泉旅では

  • 和風ファンタジーのような世界観が味わえた 龍王
  • スタンプラリーで温泉街を散策! 川治温泉
  • 煌びやかなホテルを眺めながら... 鬼怒川観光ホテルの日帰り温泉

をソロで巡ってきました。(2018/12/11)








今回の旅の目的

龍王
ネットで調べていたらなんだかすごそうな渓谷を発見したので行ってみることに。


いざ旅へ!

龍王


まるで龍が通り切り開いたかのような谷。それがネーミングの由来だそうです。

さっそく冒険していましょう!


📷ハイキングマップ

ふむふむ。結構みどころありそうですね!


📷龍王峡の入口付近

この時期でも観光客向けのお店がやっていました。この店の量からすると、シーズン中は相当な人が観光に来てそうですね!
この時期で良かった。


📷龍王峡入口

ここをくぐってジグザグジグザグと斜面を降りていくと、立派な滝と社が!


📷虹見の滝


📷龍王神社

ここを通り過ぎて橋からみた景色がスゴかった!


📷和風ファンタジーな川

構図と色使いが美しい。和風ファンタジーな感じがします!


📷虹見橋


📷虹見橋から渓谷を見渡す

河岸が白くなっているのは、ほかの渓谷では見られないですよね!
この橋、結構高いです。風をもろに受けてとても開放感がありますね!気持ちいい!



ところで この龍王峡、時期のせいか全っ然人がいない!

これは最高です。

シーズン中は人がたくさん訪れるからか、遊歩道がきれーいに整備されていました。

📷整備された遊歩道



📷遊歩道から見渡す世界

これは雪が降ったら さぞかし素敵な世界になりそうです。


ところで、僕はこの遊歩道を散策しながら、似合うBGMは何か?とずっと考えていたのですが、かなり歩いて漸く思いついたのがこちら♪

マニアック(笑)


テレビアニメ「魔法使いの嫁」のメインテーマです(笑)
魔法使いの嫁では、「竜の国」という竜が暮らす場所がでてくるのですが、そこと龍王峡がとてもイメージ似ていたんですよね〜


というわけで、誰もいないのでiPodでこの曲を流しながら散策をしました。



さて、僕の通るルートは折り返し地点まできました。
こちらは

📷ムササビ橋

この橋から見る景色が絶景でした。


📷これぞ龍王



この勇ましさをみてください!!

こんな渓谷が栃木にあったとは...!


正直、ここまでカッコいいとは思っていませんでした。
この写真だけでは僕がこんなに感動している意味がわからないという人は、ぜひ行って体感してくださいね!



むささび橋を渡りきると、売店がありました。
📷むささび茶屋

おじいさんが営んでおりましたよ。
この時期はなかなか商売難しそうだけど営業しているとは...!


ところで、さっきやっとの思いで見つけたBGMがここで塗りかえられてしまいました。
おじいさんが1人で営む むささび茶屋から流れてくる曲は...

IGNITE

IGNITE

懐かしいなぁ〜 SAO2期のオープニングですね...!


そんな訳で頭の中でへび〜ぃろおてぇしょん!するのは藍井エイルIGNITEになってしまいました。
すみません、どうでもいいですね。



僕はここで折り返して帰りますが、この遊歩道、まだ散策したい人は続きがあるんです。
ちょっとだけ覗いて見ると...
📷むささび茶屋付近の遊歩道の続き

これまた雪が降ったら さぞかし素敵な世界になりそう!!


行って見たいけど、このあと温泉にも行きたいしなぁ...。
諦めです。ちなみに、ここまで歩いてトイレに行きたくなった方は、ここに比較的衛生的なトイレがあるのでご安心。



さて、折り返しの帰り道はそんなに見どころはなかったです。
なんか、よくある青緑色のアミアミ格子があるのが萎えてしまったんですよね...。


ですがひとつ素敵な景色があったのでご紹介!

📷湧き水流れる橋の道

かわいいわ。たぶん女子だったらかわいいという表現が第一声ででそうですね!僕は男子ですが(笑)


儚いけど確かに流れる泡沫の小川に対し、やさしく橋を架けている様が切なくてかわいいというのが僕の感想ですね。
こういう感想をもってしまうあたり、自分はどこかズレているのではないかと思ってしまいます(笑)



これで龍王峡の冒険はおしまい!!
次は川治温泉と呼ばれる温泉街を散策がてらランチにします。


川治温泉


川治温泉は日光にあるノスタルジックで静かな昭和の雰囲気残る温泉郷
山々に囲まれ男鹿川と鬼怒川の2つの川が流れる温泉街を散策すれば、日常の忙しさなんて忘れてしまいます。


ここは以前書いた記事でかなり掘り下げていますので、リンクを貼っつけて簡単に紹介しま〜す!
hatenshiryoaim40.hatenablog.com
この記事、川治温泉を知りたい方や行ってみたい方にはぜひ読んで欲しい記事です(宣伝)


川治温泉についた僕は、「かわじいふるさとの駅」という川治温泉の観光拠点のようなところでスタンプラリーの台紙をゲットしました。
そのスタンプを全部集めると、素敵なプレゼントがもらえるとのことで、散策がてらスタンプラリーをせっせと集めることにしました。
そんな旅の模様の写真を厳選して紹介します!


📷川治温泉街を散策








この蕎麦、食べながら心から「幸せだな」と感じるほどにマジでめちゃくちゃ美味しかったんです!


みどころ満載の川治温泉、とってもオススメでしたよ!


鬼怒川観光ホテルの日帰り温泉


最近、温泉へ行く時にハマっているのが、「旅館やホテルの日帰り温泉を利用する」こと。

お金のない僕は旅館やホテルにはなかなか泊まることができませんが、旅館やホテルの日帰り温泉を利用すれば、ちょっとだけ宿泊気分になれる!ということに気づいたんです(笑)


旅館やホテルって、ロビーに入るだけでもワクワクしませんか!?


ではさっそく...

📷男湯へ


浴室は撮れないのでHPから画像をお借りしましょう。

https://kinugawa-kanko.ooedoonsen.jp/uploads/tmg_block_page/cover_image/991/img_spa_06b.jpg
https://kinugawa-kanko.ooedoonsen.jp/uploads/tmg_block_page/cover_image/991/img_spa_06b.jpgより


このホテルの温泉は、女性の方が浴槽のバリエーションが豊かだそうです!
いいなぁ〜


ひとつ、どうしてもお伝えしたいのは
「お湯がとんでもなく透明で清潔である」
ということ。
浮遊物とか皆無でした。温泉で大事なのはこれだと思うのです。


この日は夜から雪の予報だったので、露天風呂に入りながら雪降んねぇかな〜なんてずーっと待っていましたが僕はすっかり茹で上がって疲れ始めていたので諦めて出ることに。


温泉からでたあと、ちょっぴりロビーでくつろがせてもらいました。
📷ロビー

雪が降るかもしれないから帰りは気をつけなきゃと思い、ここをあとにしました。


帰り道、ほぼみぞれでしたが 一応今シーズン初の雪を見たのでした。



鬼怒川温泉川治温泉旅 おわり


まとめ

  • 龍王峡は魔法使いの嫁の「竜の国」のような印象だった
  • 川治温泉の朝日屋の蕎麦は幸せを呼ぶ味
  • 川治温泉は見どころがたくさん!
  • 鬼怒川観光ホテルの温泉は お湯がとんでもなく透明で清潔でだった

という感じでした!


正直、かなりアタリの旅でしたね。
満足度高かったです。なんていうか、世界観がとても好きでした。



今度はいつ、旅に出られるかなぁ。
ではでは〜(ᐢ⌔ᐢ)ノ゙