それでもやっぱり田舎が好き。

都会で生活してるけど、やっぱり山がみたい川が見たい。喧噪を忘れ、「落ち着き」を求めて。時には旅を。時には本を。

🌏#6 群馬県妙義山 〜道の駅で聞いた妙義神社パワースポットの巡り方〜

■アウトライン

今回は群馬県妙義山(みょうぎさん)です。

日本三大奇景の1つとして知られるこの山は、ゴツゴツした岩で構成されていて、確かに奇景と言われれば納得です。
僕の中では、中国の仙人が住んでそうな雲立ち込める岩山みたいなイメージを持ってます。

ちなみに他の2つは
耶馬渓大分県
・寒霞渓(香川県

耶馬渓については前回の記事で簡単に紹介したのでよかったら
(`・ω・)つ🌏#5 群馬県吾妻 〜だれもいない初冬を歩く〜 - それでもやっぱり田舎が好き。


この妙義山、山を堪能するには険しい登山をするのが1番なんでしょうが、体力と時間がないので妙義神社に行ってきましたよ⛩


■いざ旅へ!

妙義神社

妙義神社へは、道の駅「みょうぎ」に車を止めて、そこから徒歩1分くらい歩いたら着きました。

僕は道の駅に着くと、観光案内所に必ず寄ります。
今回は案内所のおばちゃんと話せて色々聞けたので「👩🏻」マークで都度紹介しますね!

まずは
📷道の駅から臨む妙義山
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150039j:plain
岩山だということが伝わるでしょうか。
ちなみに、

👩🏻ポイント
妙義山は、いろんな山が集まったのを総称しているんですよ

とのことなので、写真の山にも固有の名前があるわけですね。どれがどれだか分かりませんが(笑)



では、妙義神社へ―
📷総門よりちょい前
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150103j:plain

📷総門
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150143j:plain

奥に進むためには、登らなければなりません。
参拝者の方は、「ここでこんな疲れてるんじゃ上まで行けないわ」と言っていました(笑)


📷総門をくぐると
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150219j:plain
この写真の左手に見える、杉の曲がっている部分は「天狗の腰掛け」と言うそうです。👺
あの杉に天狗👺が腰を掛けてこちらを見ているのがイメージできますね!

そして、「天狗の腰掛け」の杉は、パワースポットの一部になっています。

📷妙義神社パワースポット
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150343j:plain
この真ん中の石がパワースポットです。
天狗の腰掛けを含めたき3本の杉の中心にこの石があります。

👩🏻ポイント
この石の上に立ってから総本社に向かうとパワーが貰えます。
若ければ若いほど効果があるらしいのでお客さんも是非行ってみてくださいね!

しかし、僕はすっかりそのことを忘れて総本社に着いてしまいました😛

せっかくだから戻らなきゃと思って長い階段を降りましたが大変でした🤕


📷手水
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150311j:plain

📷弁天池
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150247j:plain

どちらも凍っていますね❄
こういう自然の現象についつい立ち止まってしまいますね。
手が凍りつきそうですが、ちゃんと手水させていただきました。

📷凍りついた水路
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150426j:plain

この時期でも雪は降っていませんでしたが、随所に氷をみることができました❄


📷水路脇の参道
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150447j:plain
山の中に神社があることがよく分かりますね。

この吸い込まれていく感じがとてもいいです😌


さて、いよいよ総本社です!
📷妙義神社総本社
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150509j:plain

立派ですね〜🤓

👩🏻ポイント
おば「このデザイン、どこかで見たことありませんか?」
僕「(日光東照宮かな...。でも間違ってたら恥ずかし🙈)」
他のお客「日光東照宮...?」
おば「そうなんです」
僕「(言えばよかった🙊)」
おば「実は日光東照宮を作ってから約100年後に妙義神社総本社ができたので、日光東照宮を作った人のお弟子さんのお弟子さんくらいの人がつくったらしいですよ」

なるほどな〜
よく見るとほんとに凝られていて、金色の龍が支える柱になっているのも面白いですね🐲
全体的に立体感があります。


お参りをすると、小さく「裏にもお参りするところある」みたいなことが書かれていました。
それがこちら
📷総本社裏
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150530j:plain

なんだこの隠しスポット感。本当に狭いところにあるのです。
しかも誰もこちらにはいなくて。
せっかくなので こちらでもお参りしました!


妙義神社、なかなかの規模で、階段もとても多かったです。
さらに、階段も急なところもところどころ...。

なんでも、昔の状態を保持するために敢えてキツそうなところもそのままにしているそうです。


余談ですが帰りがけに、こんなものを見つけました。

よく見ると、木なんですが、どうしてこんな形に掘ったんですかね...。
なにかがガッチャンと繋がりそうな感じがします😦


🏔妙義山パノラマパーク

道の駅から車1分くらいです。

妙義山や、下の集落を見渡すことができ、美術館もあって、秋にはコスモスが咲き誇ります。
今回は景色だけ堪能しました🤗

📷妙義山パノラマパークから臨む妙義山
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150636j:plain

📷別方向1
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150703j:plain

📷別方向2
f:id:HatensHiryoaim40:20180115150741j:plain

妙義山は本当にゴツゴツしてますねぇ

気持ちいいくらいに晴れてます☀️
「📷別方向2」の下に写っている建物は、「もみじの湯」という温泉施設が入っています。
露天風呂から望む景色は素晴らしいそうですよ〜


■まとめ

妙義山、きっと今回で1割くらいは知ることができたんじゃないでしょうか。

妙義神社から西方向に車で20分ほどで「中之嶽神社」という神社があります。
ここでは近くに石門が何個かあって、石門巡りができるそうです。

登山とまではいかなくとも、まだまだ妙義山 楽しめそうですね!


今度はいつ、旅に出られるかなぁ。
ではでは〜(ᐢ⌔ᐢ)ノ゙

✒2018年の抱負

今週のお題「2018年の抱負」

あけましておめでとうございます。🎍
旅と本に関するブログを始めてから数か月が経ちました。
読者になってくださっているブロガーさん、記事を読んでくださる皆さん、いつもありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、抱負と言えばいろいろとありますが、今回はこのブログに関する抱負を。

🌏旅について
去年までに5回行っているわけですが、どれも日帰り旅なのです。

それでも十分に楽しいですが、時間を気にせずに落ち着いた温泉宿でゆっくりと過ごせたら...。
今年は泊まりがけの旅にぜひとも挑戦したいです!


直近で言えば僕の大好きな雪の季節⛄ですから、雪がしんしんと降り積もる山奥の宿で露天風呂に浸かりたいですね~♨


あともう一つは、自然好きな人と仲良くなりたいです。
なにか、ツアーのようなものに参加してみようかと思っています。



📚本について
去年は、ほぼ今まで本(漫画も小説も)を読んでこなかった僕が初めて本の楽しさに気づけた年でした。
今年は出来れば月1くらいのペースで色々なジャンルの本と巡り会っていきたいと思っています。

自分の力になるような大切にしたいと思える本に出会えますよう...🌠



✒ブログについて
他の方のブログを拝見すると、デザインが凝られていたり、わかりやすいユーザーインターフェースのものであったりと、はてなブログのカスタムの枠を超えてデザインされていますよね。

もうちょっと、旅っぽいデザインでかっこよくしていきたいです。
cssとかでやればいいのかな...

難しそう...

頑張ります!



■まとめ
色々と抱負を書き連ねてみましたが、
僕が一番好きなことは、やっぱり「自然に巡りあう旅」です。

今年も「落ち着き」を求めて健康に素敵な旅ができればと思います。


今度はいつ、旅に出られるかなぁ。
ではでは〜(ᐢ⌔ᐢ)ノ゙

🌏#5 群馬県吾妻 〜だれもいない初冬を歩く〜

■アウトライン

今回は群馬県は吾妻郡です。

旅を初めて気づいたんですが、僕は自然の中でも渓谷が好きみたいです。

ところで、群馬県の名所をかるたにした「上毛かるた」というものがあり、群馬の子供はこのかるたを嫌なほどプレイして育つのですが、

かるたの「や」
耶馬渓(やばけい)しのぐ 吾妻峡」


というのがあります。


渓谷といったら吾妻峡だ!
そんなわけで吾妻峡と、その周辺を見てきました。


■いざ旅へ!

🍂吾妻峡(🎴上毛かるた巡り)

(今回から、上毛かるた巡りという形で上毛かるたに関係のある記事にはタグもつけて記事を書いて行こうと思います。)
📷吾妻渓谷 全体地図
f:id:HatensHiryoaim40:20171219104932j:plain

💡吾妻峡とは
全長3.5kmの渓谷。
溶岩が川を侵食してできたと言われてる。
季節ごとにその色を、姿を変え、新緑、紅葉、雪景色など1年中楽しむことができそう!

🎴上毛かるた紹介

耶馬渓(やばけい)しのぐ 吾妻峡


大正元年に偉いおじさんが
「これは九州の『耶馬渓(やばけい)』も凌ぐほどの凄さで耶馬いわ」
と言ったことからこんなかるたになったのでは


駐車場の看板に、上記もろもろ情報がありました。
さてさて、お勉強はここまでにして...
渓谷を巡ります。

驚いたのは、だーれもいないんですね(笑)

でもね、それがいいんです。素敵な景色を一人占めできることがすっごく幸福な気持ちになることを、わたらせ渓谷の紅葉が教えてくれました。

📷橋の上から渓谷を臨む
f:id:HatensHiryoaim40:20171219111431j:plain
この日初めて見た景色です。
すっかり葉を落とした木が初冬を感じさせてくれますね🍂

どんどん進んでいくと...
📷渓谷遊歩道
f:id:HatensHiryoaim40:20171219112017j:plain
なんてわくわくする遊歩道でしょう?
森の中に入っていく感じですよね。
ちょっぴり不安で、ドキドキして、冒険心がくすぐられます。

しばらく進むと
なんと、お猿さんが!!!🐒
📷野生の日本ざる

大丈夫かこれ。僕一人で、他にだーれもいないのです。
猿は襲ってくるんですかね。

この先、僕が通りたい「猿橋」というところには
📷猿橋を渡る日本ざるの群れ

なんか葉っぱ持ってる!
かわいい🐒

けど、ここ進めなきゃ渓谷見られないんです...。


しばらく様子を見ながら、Google先生に野生の猿の危険性について色々訊いていました。


そんなことしてると、お猿さんの群れが全員猿橋を渡りきったようで。
意を決して進むことに!!

(結局近づいたら危険なのかとかよくわかりませんでした。)


📷猿橋
f:id:HatensHiryoaim40:20171219114212j:plain
お猿さんは... いませんでした。
良かったー。


なんでもこの橋、まだ完成して1年も経ってないんです。

猿橋」という名前の意味がよくわかりました(笑)


さてさて、猿橋をわたりきって左に曲がれば、いよいよ吾妻峡がその雄大さをあらわにしてくることでしょう。なにせ、この先に、吾妻峡の名所が山ほどあるんですから!

って...
行き止まりかよ!!!
なんてこったい。

なんか工事中みたいでダメでした...(´-﹏-`;)
案内では、冬も行ける道あるよと書いてあったのでその道を来たのですが。

残念。🙈
📷吾妻峡の行けるところ(2017/12/18現在)

f:id:HatensHiryoaim40:20171219154243j:plain
青いゾーンは行けます。でも、紫斜線はあまり渓谷感がないです。


一応撮った写真載せますね。
📷吾妻峡を上から臨む
f:id:HatensHiryoaim40:20171219114957j:plain
これくらいしかいい風景が見られませんでした。


まあ、お猿さんとの遭遇でワクワクしたし、楽しかったからいいです。

また、春か秋にリベンジしたいな!


🌮道の駅 あがつま峡

吾妻峡のすぐ近くにある道の駅です。

📷道の駅 あがつま峡
f:id:HatensHiryoaim40:20171219153639j:plain

  • 温泉施設
  • 物産店
  • グラウンド
  • 遊具
  • ドッグラン
  • イルミネーション

などなど充実した道の駅で、吾妻渓谷には誰もいませんでしたが、この道の駅はわりと人がいました。


渓谷を歩いて小腹がすいたので、物産店の中にあるお店で肉じゃがコロッケを注文
📷肉じゃがコロッケ

f:id:HatensHiryoaim40:20171219155836j:plain
肉じゃがコロッケ 120円
近くにフードコートといいつつ休憩にも使ってねと書いてある親切なコーナーがあったので、温かいお茶と一緒に食べました。
あんまり肉じゃが感は感じなかったかも...。
美味しかったけど!😋

中では歌なしのクリスマスチックな曲が流れていて、僕にとって最高の雰囲気でした🎄❄(笑)


🏯岩櫃山(いわびつやま)

吾妻渓谷が消化不良だったので、周辺の自然スポットを探すと、真田丸が関係ある岩櫃城跡地なるものがあるらしく、歴史にあんまり関心ありませんでしたが、山ときいて行ってみました。

なんでも、本格的な登山ができる山で、鎖とかあってそれをつたって頂上を目指すとか。

僕はなにも装備ないので、岩櫃城本丸址まで行くことにしました。

📷岩櫃山周辺 全体地図
f:id:HatensHiryoaim40:20171219155358j:plain


山を登る前に少し寄り道です。
📷岩櫃神社

f:id:HatensHiryoaim40:20171219155552j:plainf:id:HatensHiryoaim40:20171219155549j:plain
どうですか、この夏目友人帳感。
写真だと明るくみえますが、もっと暗くて、妖が社から出てきそうな雰囲気たっぷりでした。
ちょっぴり怖くてあんまり社の中を見られませんでした。👻


さて、寄り道は終わりにして本線です。

入口の山道、素晴らしかったです!
📷入口の山道
f:id:HatensHiryoaim40:20171219173046j:plain
誰もいなくて薄暗く、地面が凍り始めた森を進んでいきます。


📷入口の山道の霜

f:id:HatensHiryoaim40:20171219173115j:plainf:id:HatensHiryoaim40:20171219173127j:plain
今シーズン初の霜をゲットしました!❄
美しいですね❄


📷開けた森
f:id:HatensHiryoaim40:20171219173301j:plain
枯れ葉で埋め尽くされていました。
素敵です。🍂


📷ハーフパイプができそうな落ち葉ロード
f:id:HatensHiryoaim40:20171219173358j:plain
そこそこな斜面になっていました。


📷岩櫃城本丸址
f:id:HatensHiryoaim40:20171219173436j:plain

💡岩櫃城とは
1.岩櫃山の中腹東面にあった城
2.鎌倉時代に築城されたと言われている
3.いつからか斎藤さんが支配
4.武田信玄「上州侵略したいから城を攻略してきておくれ!
真田幸隆「りょうかい
6.斎藤さんは敗れてしまう
7.武田信玄「ついでに岩櫃城守っておいて」
真田幸隆「りょうかい
8.その後、何代にもわたって真田家が守ってきた
9.徳川家康「国はお城1つだけ持つようにしようよ」
10.岩櫃城が無くなる

という感じみたいです。
一応、正確なやつ載せておきますね。
📷岩櫃城由来記の看板
f:id:HatensHiryoaim40:20171219173510j:plain


至る所で、町やほかの山々を望めるスポットがありました。
📷岩櫃山から見渡す
f:id:HatensHiryoaim40:20171219173548j:plain


岩櫃山は、城址まではこんな感じでした。

個人的には、最初の山道が初冬を感じてとても良かったです!🍂

それにしても、山を登るのはまだいいですが、斜面を下るのがほんっとうに辛い!
ゼーハーゼーハー( ;´Д`) っ.。

ますます本格的な登山は無理じゃないかと思ってしまいましたよ。


■まとめ

吾妻峡も岩櫃山も、本当に誰もいませんでした。
一人で静かな初冬を歩きながら、これからこの自然を覆うであろう厳しい冬の足音に耳を傾ける。
オシャレに言うとそんな感じで今回も素敵な旅になりました。


今度はいつ、旅にいけるかなぁ。
ではでは〜(ᐢ⌔ᐢ)ノ゙

📚#2 八月の六日間(北村 薫)

🌟きっかけ

本の記事は久しぶりですね。
今回はこちらを読みました。↓
八月の六日間

八月の六日間

八月の六日間


表紙のとおり、登山のお話です。

よく行くカフェの中の本屋さんのフリマイベントで100円で手に入れたやつです。

読書ビギナーな僕は帯にすぐに惹かれてしまいます(笑)

帯には
「元気をもらえる小説NO.1!」

と書いてあったし、何より登山のお話なら自然の中にいる感覚になれるんじゃないかと思いまして!


📖お話アウトライン

30代後半の本の編集者の女性が、登山する話。
仕事やプライベートで自分を取り巻く環境が変化するなか、山と向き合い、そこでの出会いなどを通して自分を見つめるというようなお話でした。


📙感想

僕は登山をしたことがありませんでした。それゆえ、内容が入ってこないことも多々ありましたが、登山とはこんなに大変なものなのかと思い、そのうち登山しようという想いが揺らぎました。

この小説で初めて知った言葉。
それは「ヒュッテ

山小屋という意味だそうです。
一般常識なのかな?(笑)


とにかくゼロだった登山の知識がつきましたね。


また、主人公は登山の中でたくさんの人と出会いますが、それにすごく憧れますね^^

僕も一人旅の中で、少し冒険心がくすぐられるような場所に行ったりすると、その場のテンションのせいか、知らない人に話かける勇気が少しでてくることがあります。これが登山ともなれば、険しい道中やヒュッテで一緒の部屋になったりする中で一期一会の素敵な出会いがありそうですね✨
あくまで一期一会でいいかなと思いますが。

主人公は、ヒュッテで仲良くなった人と一緒に並んで登山をするということは基本的にはしていませんでした。相手のペースに合わせたりだとか、合わせてもらったりだとか、そういうのの大変さなのかなと思いました。
なにせ舞台は山ですから、それが危険になることもあるんでしょう。でも、逆も然りですよね。

僕がこの本を読んでいて登山が怖くなったのは、「1人で山を登る」ということです。主人公は1人で山に登っていますが、体調が悪くなったり、悪路に直面している様子を読んでいると、これ実際になったらどうしようと思いました。


僕は自然大好きですから、登山では、普段記事にしているような旅では味わえないほど雄大な景色に出会えるのだろうと思うとわくわくします。
ですが、行くなら誰かと2人がいいと思いました。

1人じゃ怖いし、5人とかだとそれぞれのペースに引っ張られてがちゃがちゃしそうな気がします。

まずは超初心者用の山とかからですね♪
でも登山したい人とか周りにいるのかな...。



登山よりも僕がこの本で惹かれたのは、主人公が2月に行った雪山を散策するやつです。
雪山トレッキングっていうのかな?

22にもなって、外で遊びまわるほど雪大好きでして、静かな雪山で銀世界を旅するなんて楽しそうすぎて直近でやりたいことの1つになりました!⛄



さて、前回今回とかなり現実的な世界観の内容の本を読んだので、今度は少し遊んだような内容の本を読んでみようと思います^^


本を通して素敵な世界に行けますように🌠
ではでは〜(ᐢ⌔ᐢ)ノ゙

🌏#4 埼玉県秩父 〜昼も夜も紅葉満喫の旅〜

今週のお題「芸術の秋」

■アウトライン

前回はわたらせ渓谷に行きましたが、急遽2連休ができましたので、わたらせ渓谷に行った2日後、また旅に出ました。

というわけで今回は、
埼玉県は秩父です。

秩父といえば

の舞台として大変有名になったところですよね😊


僕は秩父は何度も行ったことがありますが、秋の秩父は初めてです!

今回は友人も一緒だったので一人じゃ撮れない写真が撮れました!
このブログのヘッダー画像がその1つ(`・∀・´)

今回は、自然と人間が織り成す芸術、
「ライトアップ紅葉」
を楽しんできました!🍁


■いざ旅へ

🔳長瀞岩畳

このシーズンの長瀞は混んでますねぇ。
渋滞にハマり、なんの渋滞なのかわからずに流れに身を任せていると、有料駐車場に辿り着きました。
まあ、駐車場探してたし丁度いい(笑)

初めに散策したのは有名な長瀞の岩畳。
流れる川沿いに、文字通り岩畳が何百メートルも続いています。

この日初めて見た景色はこちら!

📷ライン下りスタート&ゴール地点の長瀞渓谷の紅葉
f:id:HatensHiryoaim40:20171115170909j:plain
人多すぎないか?
ライン下りに長蛇の列が出きてました。
僕らはライン下りはせずに岩畳を歩くことにしました。

📷対岸に見える赤壁と紅葉とライン下りの船
f:id:HatensHiryoaim40:20171115171453j:plain
こんな光景が、ずーっと続いていました。
赤壁の上の紅葉が美しいですねー!

写真を良く見ると、赤壁に水が3箇所ぐらい流れていて、どれかが男滝とか女滝とか言うらしいですがどれがどれやら😶

📷岩畳

こうやって岩畳に水が流れてるところもありました。

📷激流と紅葉
f:id:HatensHiryoaim40:20171115212029j:plain
かなり進むと、この激流に手で触れるポイントがありました。
とても画になりますね😊


さて、ここで月の石もみじ公園についてしまったのですが、まだ外は明るいです。
もうすこし川沿いをすすんでみることにしました。

📷川場から落ちかけの夕日を臨む
f:id:HatensHiryoaim40:20171115213640j:plain
この川場はもみじ公園のすぐ近くでして、夕暮れたくさんの人いましたが、日が落ちるのを待っていたのでしょうかね?
写真の橋みたいなところは、電車が通ります。

何人か、夕日と電車の画を撮ろうとカメラを構えていましたよ。


🍁月の石もみじ公園

さて、日が落ちたので月の石もみじ公園にやってきました。

ライトアップがもう始まっていました。

📷月の石もみじ公園のライトアップ1
f:id:HatensHiryoaim40:20171115213757j:plain

📷月の石もみじ公園のライトアップ2
f:id:HatensHiryoaim40:20171115213823j:plain
空がコバルトブルーになり、紅葉コントラストが素敵ですね✨
夜だからこそ撮れる画です🍁🌛

写真はありませんが、全体としては、
落ち葉の床の上にたくさんのもみじが生えていて、いい感じの色に染まったもみじが贔屓されてライトが当てられています。
足元を照らすキューブ型のライトもあり、ロマンチックな仕上がりになっていました!


ちなみに、「もみじ」と言っていますが、もみじって何のことを指すのかよくわからない人も多くいるのではないでしょうか。実は僕もよくわかっていませんでした。
ちょうどその解説プレートがあったのでご紹介しますね。

💡紅葉(もみじ)
カエデの木が紅葉(こうよう)したものを一般的にもみじと言うそうです。もみじという木があるのではなく、あのメープルシロップのカエデちゃんがもみじと呼ばれるそうです。

いままで、「楓」と「もみじ」ってなにが違うんだろ
と思っていましたが、2人は同一人物だったとは...!
もみじを漢字で紅葉と書くのはそういうことだったんですかね?

でも、あくまでも一般的にはであって、違う説もあるのでしょう。
旅は勉強になりますね^^


星音の湯

さて、旅の締めくくりは温泉とグルメで!

今回は、前に秩父に行ったときにリニューアル工事中で諦めた「星音の湯」に入湯しました!
www.beyer.jp

📷正面玄関
f:id:HatensHiryoaim40:20171115213907j:plain

📷中庭
f:id:HatensHiryoaim40:20171115213923j:plain
ここ、歩くところだけ屋根があり星空を見ることができます!しかも畳ゾーンがあって、そこで寝転ぶこともできます。
ですが、この時期はガクブル(ノ)´Д'(ヾ)です(笑)

小さな小川が流れていて池には鯉がいたりと、なかなかイカしてました!


温泉も露天風呂が広く、「星見の湯」では電気を消して星空を楽しむことができます。が、他にもお客さんがいたので電気は消しませんでした。

友人といろいろなお話ができて、また一人で来る時とは違った楽しみ方ができました♨😊♨


お腹が減ったので湯上りに館内のレストランでご当地グルメを堪能しました!
温泉施設のレストランというと、ちょっと味について不安になってしまいますが、ここは立派な個室座敷に通してもらえ、メニューも豊富で素晴らしいレストランでしたよ!

秩父と言えばわらじ丼とよく聞くので、初めて食べてみることに。

出てきたのはこちら...
📷わらじ丼定食
f:id:HatensHiryoaim40:20171115213934j:plain
でけえよw

なるほど。わらじですね!
とっても美味しかったです😊
とっても美味しかったのですが、どうもわらじというと足のイメージがでてきてしまって臭そうだなと思ってしまったり(笑)

とにかく量が多いので、遠慮せずもったいぶらずに食べられますね!
ちなみに、CMを最近見ていましたらモスバーガー秩父のわらじカツを使ったわらじカツバーガー的なのをやっていました。結構有名なんですねぇ。


なかなかすっばらしい日帰り温泉施設でした。
というわけで素晴らしかった点を箇条書きでまとめておきますね(笑)

星音の湯のポイント

  • 足湯がある
  • バスタオル、フェイスタオルを無料支給
  • イカした中庭がある
  • イカしたレストランがある
  • 何かを頼むことを促さない大広間がある
  • 寝室がある
  • コーヒー牛乳(瓶タイプ)も完備
  • イカしたせっけんがある
  • お風呂上がりの肌や髪、関節痛ケアのためのクリーム的なのがある
  • ロッカーにコインがいらない

これで、入館料たったの830円(祝休日)
平日なら730円!!

本当にすっばらしい温泉でした!
秩父に行かれる際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

■まとめ

昼は長瀞渓谷の雄大な自然を堪能し、夜はライトアップされたもみじアートを楽しめました😊

友人と行くと、一人でいくのとはまた違った感覚で楽しめますね!
同じ景色への感動をリアルタイムで共感し、それを言葉にできるというのが一人旅ではなかなかできないことのような気がします。


今度はいつ、旅にいけるかなぁ。
ではでは〜(ᐢ⌔ᐢ)ノ゙